バー開業.comトップページ > バー開業コラム > 店舗はスケルトンか居抜きか

店舗はスケルトンか居抜きか

 

バーを開業する場合、店舗はスケルトン物件か居抜き物件かを悩まれると思います。
そのふたつについて説明しておきます。

スケルトン物件とは

スケルトンとは、店舗の内装(床・壁・天井)などが何もされていな、建物の躯体だけの状態を差します。
基本的に店舗物件は、スケルトン渡し&スケルトン返しといわれていて、物件を借りる際は、何もない状態で、自分で内装・厨房機器・インテリアを準備する必要があります。また、契約を終了し、お店を出る場合は、原状回復=元の何もない、建物の躯体だけの状態で引き渡すのです。

スケルトン物件は新しくバーをオープンする場合、自分の思い通りの店が作れるので新しい出発にはふさわしいでしょう。

居抜き物件とは

以前借りていた人が、営業していたままの状態を残していった物件。内装の造作、什器備品等がそのまま利用できるので、初期費用が抑えられ、短期間でオープンできるということで、最近とても人気があります。

スポンサーリンク

借りる物件が以前にもバーや飲食店を開業していた場合、すでにそのレイアウトで食品営業の許可が下りているので、そのまま利用できるのであれば、レイアウトで悩むことも少なくなります。

しかし、内装の造作、什器備品等は無料で譲ってもらえる訳ではなく、多くは造作譲渡として家主から請求されます。もちろん、新品で揃えるよりかなり金額を抑えることは可能ですが、以下のようなデメリットも十分承知しておく必要があります。

居抜き物件のデメリット

  • お店のレイアウトが決まっているため、構造的な制限がある。
  • 老朽化しているので、故障やトラブルの可能性がある
  • 前のお店が悪いイメージがあるとそのイメージが引き継がれる

このように、居抜き物件は良い点ばかりではなく、デメリットも多くあるので留意しましょう。

いずれにしても、スケルトン物件と居抜き物件のメリットとデメリットを十分考慮して、予算と自分の理想を照らしあわせて、実際に借りる店舗をよく調べてお店ははじめるべきですね。

 

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
成功するバー、失敗するバー
ホスピタリティ
バー開業時に必要な営業許可・資格

バーの開業準備でおさえておきたいこと

流行るお店(バー)を作るには

 

PAGE TOP